神戸王子動物園のパンダ死亡原因を発表 中国国家林業局
2010/10/04

 

    中国国家林業局は2日、日本で共同繁殖を行っていたジャイアントパンダ「竜竜=ロンロン」(日本名「興興=シンシン」)の死亡原因について、麻酔から覚める途中に嘔吐し、胃の内容物が誤って肺に入り、窒息死したと発表した。

    このパンダは先月9日、神戸の王子動物園で死亡した。中国野生動物保護協会は直ぐに専門家チームを日本に派遣し、死亡原因の調査を行った。中日合同専門家チームが死亡前1週間の健康状態や死亡当日のすべての情報を収集、分析し、解剖検査、病理学、微生物学、生物化学の検査、分析の結果と合わせて、死亡原因の結論を出した。

    今後、中日双方は「パンダ共同研究取り決め」に従い、善後処置をとるとしている。

(北京10月2日発新華社)