胡錦涛主席、ペルー大統領と会談FTA交渉成功
2008/11/21

  胡錦涛国家主席は19日、ペルーの首都リマで同国のガルシア大統領と会談した。双方は各分野の実務協力について重要な共通認識に達し、両国間の自由貿易協定(FTA)交渉が成功のうちに終了し、戦略的パートナーシップを正式に樹立したことを宣言した。

  胡主席はまず次のように述べた。今年5月の四川ブン(さんずい+文)川大地震に対し、ガルシア大統領は自らペルー駐在中国大使館を弔問し、地震の犠牲者に弔意を表した。ペルー政府は犠牲者のために全国哀悼の日を設け、追悼行事を行った。中国政府と人民を代表してガルシア大統領、ペルー政府、人民に心からの感謝の意を表したい。

  ガルシア大統領は北京オリンピック、パラリンピックの成功に祝意を表し、また中国が長期にわたりペルーの経済・社会発展を支援、援助していることに感謝を表明した。

  胡主席は次のように指摘した。今年、中国とペルーの関係に新たな進展があった。ハイレベルの交流が緊密になり、政治面の相互信頼が強まった。経済・貿易協力が拡大し、FTA交渉が終わった。両国間の「2008―11年度文化交流執行計画」が効果的に実施されており、両国の関係省庁と大学がペルーに中国語を学ぶ孔子学院を3カ所つくることで一致した。国際、地域問題で双方は緊密に協議、協力している。われわれは関係発展の成果に満足している。

  胡主席は次のように述べた。戦略的パートナーシップの樹立と発展は両国関係が全面的に急発展する新たな時期を迎えたことを示している。双方は勢いに乗って前進し、それぞれの資源、技術、資金、市場面の優位性と経済面の補完性が強い特徴を十分生かし、すでにある良好な基礎のうえに、次の面で新たな協力の進展を目指すべきである。

  1、FTAの調印・実施を実務協力拡大の重要な契機とする。双方が出来るだけ早くFTAに調印し、積極的に実施して、両国人民に一日も早く恩恵をもたらすよう希望する。

  2、相互投資の促進・拡大を実務協力の優先的方向とする。鉱業分野の投資協力を重点的に強化することは、経済・貿易協力のレベルを全面的に高め、両国の共同の発展を促すのに役立つ。ペルー側が中国企業によるペルー投資の便宜を図るよう希望する。

  3、インフラ整備協力を実務協力の重要な内容とする。中国企業には港湾、道路、通信、交通、電力、都市水道などのインフラ整備分野で成熟した技術と豊富な経験があり、ペルーのこれら分野の事業に積極的に参加する。

  4、ハイテク協力を実務協力の新しい分野とする。双方は二国間の科学技術合同委員会を生かし、科学技術協力を進めるべきである。

  5、貧困対策協力を実務協力の有益な内容とする。中国政府はペルーと貧困対策の交流・協力を強化し、双方の関係省庁が情報を交換し、共有する仕組みをつくり、互いに参考にし、両国の貧困対策事業を促進することを願っている。

  ガルシア大統領は次のように述べた。両国関係が急速に発展し、戦略的パートナーシップが樹立され、FTA交渉が終わった。中国はペルーの信頼する友人であり、ペルーは中国の発展を支持する。ペルーは中国のより多くの採鉱企業がペルーに投資することを期待しており、そのための良好な投資条件・環境を整える用意がある。ペルーは中国と共にインフラ整備、観光、直行便などの協力を強化し、共同の努力によって、両国が戦略的パートナーシップ発展のために定められた各目標を達成するよう希望している。

  会談の後、胡、ガルシア両氏は両国間の経済技術、衛生、税関、貧困対策、金融、鉱業、農業など11件の協力文書の調印式に出席した。両国指導者はペルーの3大学の孔子学院のプレート授与式に立ち会った。

  会談に先立ち、胡主席はガルシア大統領が行った盛大な歓迎式に臨んだ。

  令計劃、王滬寧、戴秉国各氏がこれらに同席した。

    (リマ11月19日発新華社)