中国平和統一促進会代表団 在日華僑と座談会

    中国平和統一促進会代表団は13日、東京で在日華僑と祖国統一問題座談会を開いた。出席者は、祖国統一事業は新たな契機を迎えており、海外の華僑・華人は祖国統一促進のため努力すべきだと表明した。

    座談会で、全日本華僑華人中国平和統一促進会の金翬・会長は次のように述べた。海外の中国人は、いつも祖国の富強と統一を待ち望んでいる。この2年間、海峡両岸の関係は大きく変化しており、海外にいる中華民族の一員として、祖国の期待に背くことなく、統一促進のために努力したい。

    日本JCC新日本研究所の庚欣・副所長は、国際政治・経済情勢の変化に伴い、両岸関係の前向きの変化は、平和の道を歩む中国の大きな方向に合致するとともに、両岸人民の根本的利益にもなると述べた。

    また出席者は、両岸の経済・社会協力、両岸関係におけるメディアの役割、平和統一促進の方法などについて意見や提案を出した。

    代表団団長の王冀軍中国平和統一促進会副秘書長は席上、次のように述べた。日本の華僑はこの60年余り、たゆまず祖国の統一をはかり、「独立反対・統一促進」面で大きな貢献をしてきた。東京の華僑団体が祖国統一のために、少しでも多く懸念解消、相互信頼増進の活動を行い、「独立反対・統一促進」の勢力をたえず強固にし、拡大するよう希望する。王団長はまた、海峡両岸関係の進展と国内の経済・社会建設の状況を紹介した。

    同代表団は11日日本に着いたもの。中国平和統一促進会の代表団の訪日は初めて。(東京1月13日発新華社)