北京で平和維持警察の告別式

    ハイチ地震で犠牲になった中国の平和維持警察8人の告別式が20日午前9時、北京の八宝山革命共同墓地礼堂でしめやかに行われた。礼堂の正面には「ハイチ地震で犠牲になった中国平和維持警察を心から追悼する」と記された横幕が掲げられ、その下に8人に遺影が飾られた。

    胡錦涛、呉邦国、温家宝、賈慶林、李長春、習近平、李克強、賀国強、周永康氏らが告別式に参列し、8人のひつぎの前に立ち、三礼した。胡錦涛氏らはひつぎを一周し、遺族と握手を交わし、深い哀悼の意を表し、慰めの言葉をかけた。

    弔問のため礼堂を訪れた各界の関係者が長い列をつくり、国旗に覆われた8人の烈士のひつぎの前に立ち、最後の別れを告げた。 

    (北京1月19日発新華社)