国務院新聞弁公室報道官 ネット発展・管理状況について答える

    中国国務院新聞(報道)弁公室報道官は24日、中国のインターネットの発展と管理関連の状況について新華社記者のインタビューに答え、中国はインターネットの発展で世界が注目する成果を収め、ネット政策環境が良く、ネット発展・管理の方針・政策は国情と国際的に行われているやり方に合致していると強調した。一問一答次の通り。

    記者:中国のインターネット発展の全体的状況は。

    報道官:インターネットは20世紀の重要な科学技術発明である。中国政府はインターネットの建設と発展を非常に重視し、積極的利用、科学的発展、法律に基づく管理、セキュリティー確保という基本方針を常に堅持している。インターネットが中国に入って15年間、急速な発展が続いており、昨年末までにネットユーザーは3・84億、サイトは368万に達し、ネット普及率は世界の平均水準を超えた。中国のインターネットは急速に発展し、国の経済、政治、文化、社会各建設で重要な役割を果たしている。実践が証明しているように、中国政府が立てたネット発展・管理の方針、政策は完全に正しいものである。

    記者:中国のインターネットの水準と環境をどのように評価するか。

    報道官:中国のインターネット市場はオープン、公平で、秩序あるものである。インターネット発展の初期に新浪、捜狐、網易などのポータルサイトが生まれ、この数年、新たな応用分野で百度、騰訊、阿里巴巴などのサイトが大きく成長した。さらに一部外国インターネット企業が中国のネット市場の発展に続々と参加している。これは中国のインターネットの環境が良く、ネット企業の中国での法律に沿った経営と発展が重視され、保護されていることを示している。

    記者:インターネットは人の交流促進でどのような役割を果たしているか。

    報道官:中国のインターネットは非常な速さで発展し、ネット上の交流も非常に盛んである。これは中国のインターネットの一大特徴である。中国には現在、100万以上の電子掲示板(BBS)、2億余りのブログがあり、ネットユーザーが毎日発信するブログの文章は400万本を超え、各種電子掲示板に更新される文書は数え切れない。このような膨大な数の電子掲示板やブログ、文書は世界のどの国でも想像できないものである。中国のネットユーザーは法律で許された範囲で、十分意見を表明することが完全にできる。中国の国家指導者と各級の政府関係者は国民がネット上に表明する意見を非常に重視し、人民大衆の知る権利、意見表明権、参加権、監督権を守る面でのインターネットの積極的役割を重視している。各級政府官庁は公共政策を策定する過程で、インターネットを通じて国民の意見を求めることに力を入れている。党と政府の一部部門はまたサイトを開設し、大衆からの通報を受けている。

    記者:中国のインターネット対策の基本政策は。また世界で一部の人が中国は「ネットの自由を制限している」と非難していることをどうみるか。

    報道官:中国政府は常に法律に従ってインターネットを管理し、ネット環境の健全・調和に尽力し、経済・社会の発展にとって、より信頼できる、より有用な、より有益な情報ネットの構築に尽力している。中国がインターネット管理で主に準拠しているのは「中華人民共和国憲法」、「中華人民共和国未成年保護法」、「インターネット・セキュリティー保護に関する全国人民代表大会(全人代)常務委員会の決定」、「中華人民共和国電信条例」、「インターネット情報サービス管理弁法(規則)」などの法律・法規である。こうした法律・法規に従って、中国はネット上の言論の自由を守り、ネット上の知的財産権を守り、未成年者の健全な成長を守り、インターネットを利用して国家政権の転覆をはかること、国の統一を損なうこと、民族的憎しみや民族の分裂を扇動すること、邪教を宣伝することおよびわいせつ、ポルノ、暴力、テロなどの情報を流すことを禁止している。中国には法に基づき、これらの有害情報を処分する十分な法的根拠がある。それはいわゆる「ネットの自由の制限」とはまったく関係のないことで、これに疑いを挟む余地はない。世界各国の国情が異なり、経済・社会の発展程度が異なり、文化伝統と社会の関心が異なることから、インターネットを法により管理する方法も完全に同じではない。中国は各国のインターネット対策の有益な経験をくみ取ることを十分重視し、米国を含む多くの国とさまざまな形で交流している。事実が証明しているように、中国のインターネットに対する法的管理は国の安全と社会の安定にかかわり、国の主権、尊厳と人民大衆の根本的利益にかかわるもので、方針・政策と管理の方法は中国の国情および多くの国が行っている方法と合致している。

    中国のインターネットは今も急速に発展しており、われわれは平等なつきあい、相互尊重を踏まえて、インターネットの発展と管理について国際交流・協力を強化し、相互理解を増進し、共同の発展を実現することを願っている。われわれは事実を顧みず、手前味噌を並べ立て、インターネット管理問題で中国を横暴に非難し、中国の法律を無視し、中国の内政に干渉する行為に断固反対する。われわれは世界各国の発展と管理の経験を真剣に吸収したうえで、中国の国情に立ち、揺るぎなく中国の特色あるインターネットの発展と管理の道を歩む。中国のインターネットは必ずますます発展するだろう。    (北京1月24日発新華社)