今年の中央1号文書発表 農業の発展促進強調

    中国共産党中央委員会と国務院は31日、今年の中央1号文書を発表した。「都市・農村発展統一計画の度合いを強め、農業・農村基盤を一層固めることに関する党中央と国務院の若干の意見」と題するもの。

    それによると、今年は「3農」(農業、農村、農民)に対する投資、補助金、融資、政策支援を一層増やし、都市と農村のより調和した発展をはかるとしている。

    また政府は引き続き農業、農民に対する金融支援に力を入れ、農業補助金システムを改善し、農産物市場の良好な秩序を維持する。

    農村の小額融資や保険など金融サービスの強化に一層力が入れられる。

    同文書は国の消費促進策にこたえて農村市場を一層拡大することを求めている。    (北京1月31日発新華社)