第11期全人代第3回会議3月5日北京で開幕

    第11期全国人民代表大会(全人代、国会に相当)第3回会議が3月5日、中国人民政治協商会議(政協、政治助言機関)第11期全国委員会第3回会議が3月3日、それぞれ北京で開幕する。全人代常務委員会弁公庁と政協全国委員会弁公庁は1日、中国と外国記者の取材を歓迎すると述べた。

    第11期全人代第3回会議、政協第11期全国委員会第3回会議は、内外記者の取材申請を受け付け、手配するプレスセンターを西長安街北側のメディアセンターに(住所は北京復興路乙11号で、郵便番号は100038)を開設する。プレスセンターは2月26日から仕事を始める。

    全人代と政協の会議を取材する記者は申請書を提出しなければならない。中央メディア記者の取材についてはプレスセンターに申請書を提出し、地方の代表団に随行する記者の取材については各代表団がプレスセンターに申請書を提出する。香港特別行政区記者の取材については中央人民政府香港特別行政区駐在連絡弁公室に申請書を提出し、マカオ特別行政区記者の取材については中央人民政府マカオ特別行政区駐在連絡弁公室に申請書を提出し、台湾地域記者の取材については主管機関から権限を授けられた香港中国旅行社、マカオ中国旅行社に申請書を提出する。外国の中国駐在記者の取材についてはプレスセンターに申請書を提出し、短期間北京を訪れる外国記者の取材については中国の在外公館あるいは外務省から権限を授けられた査証機関に申請書を提出する。取材申請の締め切りは2月28日。    (北京10年02月01日発新華社)