春節7連休中の中国観光収入26・9%増
2010/02/22

 

中国の今年の春節(旧正月、今年は2月14日)7連休中(13―19日)の観光収入は646・2億元(1元=約13円)で昨年を26・9%上回った。

国家観光局、国家統計局の集計によると、連休中の人出は延べ1・25億人で、昨年より14・8%多かった。646・2億元の観光収入のうち、旅客輸送収入は航空が46・0億元、鉄道が28・3億元。北京など39の重点観光都市の観光収入は265・1億元で、その他地域が306・8億元だった。

延べ1・25億人の人出のうち、宿泊客が2992万人、日帰り客が9513万人だった。39の重点観光都市の人出は5151万人で、うち宿泊客が1009万人、日帰り客が4142万人。

集計によると、連休中、39の重点観光都市のモニター商業企業176社の売上高は前年比21・8%増の73・1億元、飲食企業173社の売上高は同12・7%増の3・9億元だった。

                                                                                                                                                           (北京2月21日発新華社)