全人代第3回会議が第2回全体会議 選挙法改正案草案について説明

    第11期全国人民代表大会(全人代、国会に相当)第3回会議は8日午前、北京の人民大会堂で第2回全体会議を開き、選挙法改正案草案に関する説明を聴取した。

    胡錦涛、温家宝、賈慶林、李長春、習近平、李克強、賀国強、周永康の各氏が会議に出席した。

    王兆国全人代副委員長が全人代常務委員会の委託を受けて選挙法改正案草案について説明し、次のように述べた。選挙制度は人民代表大会制度の基礎であり、選挙法は公民が法に基づいて選挙権と被選挙権を行使し、法に基づいて各級人民代表大会(人代、地方議会に相当)の代表を選出するための重要な法律である。1953年に制定された選挙法は1979年に改正され、その後も4回にわたる改正が行われた。共産党の第17回全国代表大会は、社会主義の民主政治を揺るぎなく発展させ、人民民主主義を拡大し、主人公としての人民の地位を保証する方針を打ち出し、都市と農村が同じ人口比率に基づいて人代代表を選出することを徐々に実現するよう提案した。第17回党大会の要求を実行に移すには、これまでの選挙の経験の総括を踏まえて選挙法を適切に改正しなければならない。

    王副委員長はさらに、次のように説明した。選挙法改正案草案の指導思想は鄧小平理論と「三つの代表」(中国の先進的生産力発展の要請、先進的文化前進の方向、最も広範な人民の根本的利益の三つを代表すること)の重要思想を導き(指針)とし、科学的発展観を実行に移し、第17回党大会の要求に基づいて実践の経験を総括し、選挙制度を整備し、都市と農村が同じ人口比率で人代代表を選出し、すべての人々が平等で、各地が平等で、各民族が平等だという原則を積極的に具現し、人民民主主義を拡大し、主人公としての人民の地位を保証して、人民代表大会制度を堅持整備するための確固たる制度的保障、社会主義の民主政治を発展させるための制度的保障を提供するというものである。草案起草の原則は、第一に方向をしっかりおさえ、民主主義を拡大すること、第二に重点を際立たせ、統一的に計画し全般的に配慮すること、第三に積極的かつ穏やかに進め、分類して処理することである。

    また次のように述べた。全人代常務委法制工作委員会は常務委員会の活動配置に基づいて2008年から選挙法の改正に関する検討を始め、全人代代表から提出された選挙法改正に関する近年の議案、提案、その他の意見を整理・検討してきた。関係部門と共同で調査研究チームを結成して八つの一級行政区にチームを派遣し、31一級行政区人代常務委員会責任者座談会、中央関係省庁座談会を開き、都市と農村が同じ人口比率で人代代表を選出する問題に関する意見を重点的に聴取した。都市と農村が同じ人口比率で人代代表を選出する問題について突っ込んだ分析を行い、論証を繰り返してきた。代表から提出された議案や提案を整理し、十分な調査研究を行い、幅広い意見聴取を踏まえて選挙法改正案草案をまとめた。改正案草案を初めて審議した2009年10月の第11期全人代常務委員会第11回会議と再審議を行った12月の第12回会議は草案を高く評価し、常務委員会の委員と会議に列席した関係者は選挙法改正の指導思想、主要原則に賛同し、草案に賛同した。そのため全人代常務委員会は選挙法改正案草案を第11期全人代第3回会議に提出することを決めた。

    王副委員長は都市と人口が同じ人口比率で人代代表を選ぶことについて説明し、次のように述べた。我が国の国体と政体に照らして都市と農村が同じ人口比率で人代代表を選ぶには、以下のような原則を具現しなければならない。1、公民が平等に選挙に参加する権利を保障し、同じ人口比率で代表を選び、すべての人々が平等だという原則を具現する。2、国家権力機関に平等に参画する各地の権利を保障し、各行政区が人口の多少に関係なく基本的な代表枠を持てるようにし、一定数の代表を選べるようにして、各地が平等だという原則を具現する。3、各民族から適切な数の代表を選出し、人口が最も少ない民族からも最低1人の代表を選ぶようにして、各民族が平等だという原則を具現する。この三つの平等は我が国の国体と政体に基づく内在的な要請である。三つの平等は有機的に統一された総体であり、そのうちの一つを重視し、残りの二つの軽視するようなことはできない。代表的な人物が集中している地方にも適切な配慮を行うことが必要だ。

    王副委員長はまた、次のように述べた。都市と農村が同じ人口比率で人代の代表を選ぶことは全人代の代表枠に関わる問題なので、二つの段階に分けて進めていきたい。第1段階では精力を集中して選挙法の改正と整備に力を入れる。第2段階では選挙法が改正されたあとで、選挙法の定める原則に基づき、意見の幅広い聴取を踏まえ、全面的な配慮を行って、全人代と同常務委員会が決定を下し、科学的合理的に配分する。

    会議議長団常務議長で執行議長のウユンチムグ氏が会議の司会を務めた。8日は「三・八」国際勤労婦人デー100周年記念日に当たり、ウユンチムグ氏は全体会議に先立って議長団の名で全人代の女性代表、会議に列席した女性の政協全国委員、女性職員、全国の各民族と各界の女性、世界各国の女性に対して祝意を表した。    (北京3月8日発新華社)