「公平正義には太陽よりも輝き」温首相

    温家宝首相は14日、第11期全国人民代表大会(全人代)第3回会議の記者会見で、公平・正義には太陽よりも輝きがある、と次のように述べた。

    ▽わが国の発展では経済建設に取り組むだけでなく、社会の公平・正義を推進し、人の全面的で自由な発展をはかる必要があり、この三つはどれもゆるがせにできない。精力を集中して生産を発展させる根本目的は、人々の日増しに増大する物質的文化的必要を満たすことにある。一方、社会的公平・正義は、社会の安定の基礎である。私は、公平・正義には太陽よりも輝きがあると考える。

    ▽いうまでもなく、わが国の現在の社会にはまだ多くの不公平が存在している。所得分配の不公平、司法の不公平、これらはすべて重視すべきである。

    ▽私はかつて、正しい経済学は高尚な倫理学と切り離せないと言ったことがある。つまり、われわれの経済運営や社会発展では貧しい人により多く関心を払い、弱者群に関心を払う必要がある。彼らはわれわれの社会で大多数を占めているからだ。

    ▽われわれが経済体制改革、政治体制改革その他各方面の改革を進める根本目的は、生産力の発展をはかり、社会の公平・正義を実現すること、同時に一人一人に自由と全面的発展のチャンスを与えることにほかならない。

    ▽中国の近代化は決して経済的発達だけを指してはいない。それには社会の公平、正義と道徳の力も含まれるべきだ。

    ▽任期中の最後の数年に、このことのために最大の努力を尽くしたい。われわれの後の指導者はこの問題に一層の関心を払うものと信ずる。    (北京3月14日発新華社)