平等な協議による解決を主張 中米経済貿易問題で外交部報道官

    中国外交部の秦剛・報道官は25日の定例記者会見で、中米経済・貿易関係に存在するいくつかの問題と摩擦は客観的なもので、中国は平等な協議、対話、意思疎通を通じて互恵・ウィンウィン(共に勝者になる)の解決方法を探ることを主張していると強調した。

    人民元為替問題について秦報道官は次のように述べた。双方は中米の経済・貿易における問題を重視すべきであり、さらにどのような方法で解決するかを重視しなければならない。そのため中国は米国との意思疎通と交流を強めることを願っている。

    秦報道官は、鍾山・商務次官がこのほど米国を訪問し、中米経済・貿易関係の重要な問題について米各界と対話、交流し、中国の主張と政策を説明し、米側の意見と見解を聞いたことを紹介した。

    そして、こうした努力は双方の理解と信頼を増進し、問題の適切な解決に役立ち、中米関係発展の大局を阻害することなく、世界経済の回復、持続可能な成長に寄与するものと中国は信じていると述べた。

    また秦報道官は崔天凱外務次官が先ごろトランジットのために米国に立ち寄ったことについて説明し、次のように強調した。中国は米側に対し、▽互いの中核的利害と重大な関心事を尊重することが中米関係の健全で安定した発展を確保するカギである▽米側が中国とともに両国指導者の重要な共通認識(コンセンサス)に基づき、両国間の三つの共同コミュニケと中米共同声明を踏まえて、両国関係を積極的、協力的、全面的方向に発展させるよう希望している―と改めて表明した。    (北京3月25日発新華社)