中国外交部 人民元為替問題で客観的理性的対処希望

    中国外交部の姜瑜・報道官は6日の定例記者会見で、米国の関係者が人民元為替問題に客観的、理性的に対処することを希望するとし、さらに次のように述べた。

    ▽中国は、人民元の為替レートは米国の対中貿易赤字の主要な原因ではなく、無論、人民元の切り上げは中米貿易不均衡を解決する方法でもないと考えている。中国はこれまでいわゆる「為替操作」によって国際貿易から利益を得たことはない。

    ▽中米間の貿易摩擦について中国は率直・誠実な対話と実務的協議により、通常のルートを通じて有効な解決をはかることを一貫して主張している。

    ▽人民元為替改革について、中国の人民元為替レート形成メカニズム改革を推進する方向も変わっておらず、引き続き主動的、制御可能、漸進の原則を堅持し、管理された変動相場制を整える。

(北京4月6日発新華社)