オリックスが中国科学院と提携して環境保護事業に投資

    日本最大の総合金融サービスグループ、オリックスは12日、北京で中国科学院国有資産経営有限公司との間で全面的戦略協力覚書に調印した。双方はグリーン環境保護と省エネ・排出削減に関する技術の中国での発展と商業応用を推進する。

    同公司の王津・社長によると、オリックスはすでに中国科学院と合弁で中国最大の科学技術リース会社を設立しており、今回は協力分野を新エネルギー、省エネ・排出削減、水処理、電気自動車などハイテク分野に拡大し、当初は太陽光、風力など新エネルギーの開発利用およびごみ焼却、ビル省エネなどで協力する。

    王社長は次のように述べた。傘下に100余りの研究機関を擁し、中国科学院の基礎研究と知識蓄積の力は厚い。日本との協力は新しい技術と新しい成果を迅速に工業化、商業化するのに役立つ。

    オリックスの宮内義彦会長は次のように述べた。中国はオリックスの事業展開において重要な地域である。オリックスはこの10年間、グリーン環境と省エネ・排出削減産業の日本での応用に重点的に投資し、国内の環境保護・新エネルギー開発企業40万社以上に金融ソリューションを提供してきたが、今回の中国との協力を通じ、仲介者として日本のこの分野の情報を集約して中国に紹介したい。

    オリックスは1964年に設立された日本最大のノンバンク、最大の総合金融サービスグループで、総資産規模は830億㌦を超える。81年に中国市場に進出し、今年2月に大連に中国本部を設置した。

    中国科学院国有資産経営有限公司は国務院の承認を受け、中国科学院が国を代表して出資、経営する国有全額出資会社。現在の経営総資産は約1200億元(1元=約14円)で、業務はハイテクが中心。(北京4月12日発新華社)