胡錦涛総書記 青海省玉樹地震被災地を視察救援活動指導

    胡錦涛中国共産党総書記・国家主席・中央軍事委主席は18日、青海省玉樹地震の被災地に入り、災害状況を視察し、被災者を見舞い、救援要員を慰労し、救援活動で直面している際立った困難を把握し、活動の進展に影響を与えている問題の解決を指導した。

    玉樹で強い地震が起きたため、外国訪問中だった胡錦涛総書記は被災者を非常に気にかけ、直ぐに災害救援の重要指示を出すとともに、予定を繰り上げて帰国することを決めた。25時間近い長旅を終えて17日午後2時20分、北京に帰着した。午後4時、長旅の疲れも顧みず、直ぐに中央政治局常務委会議を招集し、震災救援活動に関する報告を聞き、今後の活動を検討し、手筈を整えた。そして18日朝、飛行機で震災救援活動の第一線に向かった。機上で、胡錦涛総書記は同行の関係方面の責任者とともに地図を広げて、救援活動の最新状況を詳しく聞き、具体的対策を検討した。

    3時間余りで胡錦涛総書記を乗せた飛行機は海抜3900㍍余りの玉樹巴塘(ビュタン)空港に到着した。総書記は直ぐに被害が最も深刻な玉樹県結古鎮を見て回った。

    結古鎮の扎西大同村は被害が大きく、600人余りの村民のうち120人が死亡し、72人が行方不明となり、120が負傷し、80%の家屋が倒壊した。胡錦涛総書記は瓦礫を踏んで廃墟の高いところに登り、家屋の倒壊状況を見るとともに、救援活動を行っている蘭州軍区第1救援隊、青海省軍区独立連隊の将兵を慰労した。総書記は生き埋めになっている人を最大限の努力で救出しなければならないとし、わずかでも希望があれば、何倍もの努力をしなければならないと強調した。

    避難テントの前で胡錦涛総書記は周りを囲んだ被災者に見舞いの言葉を述べるとともに、次のように強調した。地震は無情だが、世の中には愛がある。党中央と被災者の心はひとつにつながっており、われわれは全国から多くの救援要員を動員し、孤立している人々を救出し、負傷者を救助し、治療する。被災者の生活のための手配を行い、食事、水、住まい、防寒着を用意し、できるだけ早く学校の授業を再開し、また新しい住宅の建設を支援する。

    胡総書記は扎西大同村を離れ、医療救助場所になっている玉樹州の体育館を訪れ、負傷者を見舞った。ここではこれまでけがをした3800人余りが治療を受け、現在も40人余りが治療を受けている。

    玉樹州の孤児のための学校も地震で校舎が大きく損壊した。プレハブの教室が緊急に建てられ、17日から正式に授業が再開された。胡総書記は教室に入って生徒たちと言葉を交わし、勉強や生活の状況を尋ねた。そして党と政府は必ず学校を再建すると強調し、学習に励み、成長して国と人民の役に立つ人材になるよう希望した。

    視察の最後に胡錦涛総書記は震災対策・救援本部のテント張りの会議室で会議を開き、救援活動に関する報告を聞き、重要演説を行い、6項目の要求を出した。第1に孤立している人を全力で救出する。第2に負傷者の治療に努力する。第3に被災者の生活を適切に手配する。第4にインフラを迅速に復旧させる。第5に広報・世論対策を強化する。第6に社会の調和・安定を確保する。また総書記は次のように強調した。救援活動を効果的に進めるカギは強力な指揮系統を確立し、統一的指導、指揮を実行し、協調を強め、科学的手配を実施し、整然と活動を進めることにある。被災地の各級党・政府指導部と指導幹部は誠心誠意人民に奉仕する根本的目的を銘記し、持ち場をしっかり守り、職責を果たし、第一線に深く入って指揮し、被害が最も深刻なところ、最も困難なところに行き、広範な大衆を引っ張って救援活動に全力で当たらなければならない。

    視察には国務院震災対策救援本部長の回良玉党中央政治局委員・副首相、郭伯雄同委員・中央軍事委副主席、令計劃党中央書記処書記・中央弁公庁主任、王滬寧同書記・中央政策研究室主任、陳炳徳総参謀長が同行している。

(青海玉樹4月18日発新華社)