程永華大使 朝比奈毎日新聞社長を表敬訪問

2010/04/18

    程永華駐日大使は16日、毎日新聞社の朝比奈豊社長を表敬訪問した。駐日大使館のトウ(登+おおざと)偉・参事官が同席した。

    朝比奈社長は青海玉樹地震で多くの生命、財産が失われたことに見舞いの言葉を述べた。程大使はこれに感謝を表明するとともに、最新の被害状況と震災対策・救援の状況を紹介した。

    朝比奈社長は次のように表明した。毎日新聞は中国報道を重視し、中国との交流を積極的に進めており、これまでに書道、スポーツ、青少年交流などの面で少なからぬ活動を行った。中国側の協力の下、昨年、日本で開催した「王羲之書道展」は成功を収め、空前の盛況となった。今後も中国についての報道に力を入れ、中国との交流と協力を深める。

    程大使は次のように述べた。青少年、文化などの分野の交流を強めることは両国人民の相互理解と友好的感情を増進するのに役立つもので、そのための毎日新聞の努力に中国は称賛を表明する。毎日新聞が中国との交流、協力を進め、両国の状況を客観的に報道する面で引き続き積極的役割を果たすことを希望する。程大使はまた上海万博の準備状況を説明した。

    毎日新聞は1872年創刊。日本国内に東京、大阪、西部、中部の四つの本社および北海道支社、101の総局・支局、265カ所の記者駐在がある。国外には26の総局または支局を置いている。1964年から中国に常駐記者を派遣。現在、中国総局(北京)、上海支局、台北支局がある。