上海万博の入場券販売数 3300万枚を超える

    上海万博の入場券販売数が3300万枚を超えた。

    1日正式開園してから、上海万博の入場券の販売は順調に伸びている。上海万博事務調整局入場券事務センターがまとめた4日までの集計によると、これまでに販売された入場券は3311万枚で、内訳は個人入場券が2396万枚、団体入場券が915万枚。上海市民に贈られる入場券を加えると、万博に入場する予定の見学者は4000万人を超える。

    上海万博事務調整局のスポークスマンは次のように述べた。上海万博の会期は184日に及んでいるが、見学希望者が多いため、多くの見学者が後半に見学するようなことになれば、入場者が後半に過度に集中し、万博パークやパビリオンに見学者が殺到し、見たいものも見られない事態も考えられる。そのため見学者が集中していない期間に入場するよう入場券を購入した見学者に提案したい。

(上海5月6日発新華社)