北京御生堂薬業が日本製薬工業の株式取得を検討 両社の交渉開始

 

    北京御生堂薬業集団有限公司(北京YST)は日本製薬工業株式会社(NSK)の70%の株式を5882万3000香港㌦(758万283㌦相当)で取得する意向だという。香港証券取引所を通じて北京YSTが10日、明らかにした。

    両社が10日に署名した覚書によると、株式の取得に関しての最終的な合意が6月15日までに得られなければ、交渉を終了するという。

    NSKは60年以上の歴史を持つ漢方薬のパイオニアで、150種類以上の医薬品や健康食品の製造を行っている。

(香港5月10日発新華社)