山九株式会社社員が青海玉樹震災地に400万円の義援金

    呂淑雲公使級参事官は5月19日、山九株式会社の平山喜三専務と会見し、同社の全従業員から青海玉樹震災地への400万円の義援金を受け取った。平山専務は次のように述べた。山九は長年、中国で順調に事業を行い、中国と深いよしみを結んだ。玉樹の被災に社員一人一人が心を傷めており、復興に役立つよう役員と社員が自発的に寄付をした。

    呂参事官は震災復興の進展状況を説明し、山九株式会社とその社員の温かい志に感謝の意を表した。青海地震の発生後、山九はすぐさま被災地に100万円を寄付している。