中国政府はインターネットの監督機能を大いに重視 白書強調

    国務院新聞(報道)弁公室が同日発表した白書「中国のインターネットの状況」は、政府は国民が政府を監督する条件を積極的に整え、インターネットの監督機能を大いに重視しており、人々がネットを通じて訴えた問題に対し、各級政府が迅速に調査し解決して、処理の結果を国民にフィードバックすることを要求していると述べている。

    白書は次のように指摘している。国民が政府の活動の問題点を指摘できるように大多数の政府サイトは電子メールアドレスや電話番号を公表している。国民が汚職腐敗などの問題を通報するのに便利なように、中央規律検査・監察機関と最高人民法院(最高裁)、最高人民検察院(最高検)などは通報サイトを開設している。中央規律検査委員会と監察部の通報サイト、国家腐敗予防局のサイトは汚職腐敗の処罰、予防に重要な役割を果たしている。サンプリング調査によると、60%を超えるネットユーザーが政府はインターネットの監督機能を生かしていると積極的に評価し、これは社会の民主と進歩を示すものと考えている。

    白書によると、この3年間、毎年ネットを通じて寄せられる提案は数百本に達しており、提案は政府の活動にとって参考になる有益なものであると白書は指摘している。(北京6月8日発新華社)