胡錦涛主席 G20サミットで演説経済成長促進で3項目提案

    主要20カ国・地域グループ(G20)第4回首脳会議(サミット)が27日、カナダのトロントで始まり、中国の胡錦涛国家主席は「心を合わせて協力し、共に未来を築こう」と題する重要演説を行った。

    胡主席は演説の中で次のように強調した。世界的金融危機の深い影響の深刻性と複雑性を深く認識し、同舟相救う、協力・ウィンウィン(共に勝者になる)の精神を引き続き発揚し、G20のメカニズム化を推進し、公平、公正、包容の、秩序ある新たな国際金融秩序づくりを加速し、開放・自由のグローバル貿易体制づくりを促進し、発展途上国の自己発展能力を高め、世界経済が力強い、持続可能な均衡のとれた成長に一日も早く入るよう促さなければならない。

    また胡主席は次のように指摘した。G20加盟国と国際社会の共同の努力で、世界経済は徐々に回復しているが、回復の基礎が強固でなく、進展が不均衡で、比較的大きな不確実性がある。世界的金融危機の深い影響はまだ消えておらず、世界経済のシステム的、構造的リスクが依然として非常に目立っている。

    胡主席は世界経済の力強い、持続可能な均衡のとれた成長を早期に実現するため次のような三つの提案を行った。

    第1、G20を世界的金融危機に対応する有効なメカニズムから国際的経済協力を促進する主要な場にする。G20加盟国はマクロ経済政策の協調を強め、秩序・漸進、互恵・ウィンウィン(共に勝者になる)の原則に従い、G20のメカニズム化を推進し、G20メカニズムと他の国際組織、多国間メカニズムの関係をうまく処理し、G20が国際経済協力とグローバル経済統治を促す中で中核的役割を果たすようにしなければならない。

    第2、公平、公正、包容の、秩序ある新たな国際金融秩序の確立を急ぐ。簡単で実施しやすく、問責しやすいという原則に従い、国際金融監督管理改革を推進し、実体経済の発展に役立つ国際金融システムを確立する。システム上重要な金融機関と信用格付け機関に対する監督管理を強化し、国際金融機関の改革を引き続き推進する。国際通貨基金(IMF)のクォータ調整を急ぎ、IMFの能力づくりと監督改革を強化し、各国、特に主要準備通貨(基軸通貨)発行経済体のマクロ経済政策に対する監督を強化する。

    第3、開放・自由のグローバル貿易体制づくりを促進する。実際行動でさまざまな形の保護主義に反対し、自由貿易を断固提唱、支持し、商品、投資、サービスに対して新たな規制措置を設けないことを引き続き約束し、厳格に実行し、ドーハラウンド交渉が全面的で均衡のとれた成果を収めるようはかる。

    胡主席は次のように強調した。力強い成長を確保することが現在、世界経済の発展における第一に重要な任務であり、持続可能な成長が長期的目標であり、経済発展パターンの転換を通じて均衡のとれた成長を実現することが客観的要求である。われわれはこの三つを有機的に一つに結びつけなければならない。同時に持続的に、確固として推進するだけでなく、各国の国情に配慮し、その発展の道と発展モデルの多様性を尊重しなければならない。

    胡主席は次のように指摘した。中国は経済発展をはかる中で常に経済の力強い成長の推進に努力している。世界的金融危機が起きて以来、中国は危機の衝撃に対応する包括的計画と政策・措置を絶えず豊かにして整え、全面的に実施し、地域と世界の経済回復に自ら貢献した。中国は各国と互いに参考にし、長所をとり短所を補い、平等互恵で共同の発展をはかり、世界経済がより合理的な産業分業構造、より均衡のとれた金融・貿易構造、より科学的な資源配分構造、より公平な利益共有構造を形成し、世界経済の持続的で調和した発展を実現することを願っている。

    胡主席は次のように強調した。世界経済の長期的、持続的成長を真に実現するには、広範な発展途上国が十分な発展を実現し、南北の発展格差を縮めるのを支援しなければならない。G20は発展の問題でより多くの実際行動をとり、発展の資源を保障し、発展の仕組みを整え、発展協力を促し、国連プレミアム発展目標を予定通り達成する責任がある。中国は南南協力の枠組みの中で引き続き発展途上国にできる限りの援助を行い、発展途上国の発展実現支援に力を尽くす。(トロント6月27日発新華社)