貴州省貴陽で「アジア太平洋アニメ交流センター」の建設始まる

 

    アニメーションの博物館、コンベンションセンター、創作家の活動の場、データベースなどを一体化した「アジア太平洋アニメ交流センター」が中国貴州省の省都貴陽に建設されることになり、7日、定礎式が行われた。完成すると、アジア最大の国際化の程度が最も高いアニメ交流センターになると期待されている。

    建設地は国のハイテク開発区である貴陽小河区で、敷地面積2万平方㍍余り。工期は約2年で、完成後、アジア青年アニメ・コンテストの指定会場になる。

    このプロジェクトと合わせクリエイティブ産業園区(パーク)の建設も計画されている。敷地面積が約6・7万平方㍍で、アニメの制作基地や作品と関連商品の研究開発・生産センター、テーマパーク、学校などが建設される。

    「アジア太平洋アニメ交流センター」の博物館は10万点の作品を収蔵できるよう設計し、有名作家の作品も集めるとしている。データベースには中国の民族、民間文化のアニメ素材の研究、整理に使用できるようにする。そのほかコンベンションセンターにはホテル形式のマンションも併設する。

    「アジア青年アニメ・コンテスト」は毎年1回開催され、アジア太平洋アニメ協会が主催する唯一の若手を中心とした大型コンテストで、中国はじめ日本、韓国、インド、タイ、シンガポールなど26カ国・地域が参加し、48カ国・地域の専門協会、組織と協力関係を結び、アジアで最もハイレベルなものになっている。(貴陽8月7日発新華社)