上海万博の入場者4000万人を突破
2010/08/16

 

    上海万博当局は、午前10時12分までに、14日の入場者が23万4800人に達し、これで累計入場者数は4000万人を突破、4000・12万人に達したと発表した。

    5月1日の開幕以来、上海万博は全体的に混乱なく平穏に運営されており、内外観光客の入場希望者は増え続けている。過去3カ月余りを振り返ると、6月5日の開幕36日目に、累計入場者が1000万人を突破した。6月28日と7月21日には、入場者総数がそれぞれ2000万人と3000万人を突破、その間の日数は共に23日だった。

    8月14日は万博開幕106日目。12日から同日まで、上海市の最高気温は3日続けてセ氏39度を超え、14日は午前10時で、万博会場の気温がセ氏37度に達した。主催者は連日、防暑のための諸措置を全面スタートさせ、温度を下げるための設備がフル稼働している。万博当局はまた、年寄りや体の弱い人は極端な高温の日は入場しないよう提案している。

                                                                                                                                                        (上海8月14日発新華社)