張徳江副首相,国際原子力機関の天野事務局長と会見
2010/08/17

 

    中国の張徳江副首相は16日午前、北京の中南海紫光閣で、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長一行と会見した。

    張副首相は、次のように述べた。IAEAは原子力平和利用を促進し、核兵器の拡散を防止する面で、多くの効果的な活動を展開し、国際社会から重視され、評価されている。中国は原子力の平和利用、原子力開発における核的安全問題を非常に重視しており、核安全保障(保安)活動を絶えず強化し、核不拡散に関する国際的義務を厳格に履行し、核不拡散と核安全保障に関する国際協力に積極的に参加している。中国とIAEAは長年にわたって良好な協力関係を保っており、双方が今後も交流を強化し、協力を拡大することを望んでいる。

    天野事務局長は、甘粛舟曲土石流災害の犠牲者に哀悼の意を表し、中国が原子力開発事業で成果を収めていることを高く評価した。さらに「中国との協力を強化し、中国の原子力開発事業に貢献したい。中国が国際的な核問題において、より大きな役割を果すことを期待している」と表明した。

                                                                                                                                                           (北京8月16日発新華社)