ドッキング目標機「天宮1号」組み立て完了来年打ち上げ
2010/08/19

 

    中国有人宇宙飛行計画の報道官は17日、初の宇宙ドッキング目標機「天宮1号」(重さ8・5㌧)の組み立てが終わり、電気性能の総合テスト段階に全面的に入ったことを明らかにした。一連の電気性能、力学性能、熱性能テストが終った後、2011年に予定の軌道に打ち上げ、その後、宇宙船「神舟8号」を打ち上げてドッキングを行うという。

    同報道官の説明によると、昨年末からドッキング目標機「天宮1号」とその打ち上げに使用する運搬ロケット改良型長征2号F、改良型神舟宇宙船の製作が進められた。現在、神舟8号の組み立てが行われ、改良型長征2号Fの部品がそろい、各システムの総合テストが行われている。またドッキングに向けた宇宙飛行士の訓練も全面的に行われ、第2次飛行士に含まれている2人の女性も訓練に参加している。天宮1号と神舟8号に搭載する宇宙科学実験のための設備も計画通り引き渡しが行われるとともに、地上支援システムの準備作業も全面的に進められている。

    計画では2011年に天宮1号と神舟8号を相次いで打ち上げ、宇宙での初の無人ドッキングを行う。さらに神舟9号、神舟10号を2012年に打ち上げ、天宮1号とのドッキングを行う。

                                                                                                                                                           (北京8月17日発新華社)