第一弾省・都市で低炭素試行スタート
2010/08/20

 

    気候変動への積極的な取り組みを目的とした低炭素試行が、広東、湖北、遼寧、陝西、雲南5省および天津、重慶、杭州、厦門、深セン、貴陽、南昌、保定8都市でスタートした。

    国家発展改革委員会(発改委)は18日に北京で会議を開き、国家低炭素省区・低炭素都市試行を始動させた。

    同会議において、これら試行地域に対し、低炭素排出を特徴とした産業体系および消費モードの構築を加速し、低炭素発展に関する試行・実験地域の早期建設に努め、気候変動対策分野で模範的役割を果たすよう要求が出された。

    発改委の解振華副主任は、「低炭素試行のスタートは、中国が様々な地域で低炭素・グリーン発展推進面での有益な経験を蓄積する助けとなる。また、工業化・都市化の急速発展段階において、経済の発展、国民生活の改善、気候変動への積極的対応や炭素強度の削減への取り組みにも効果的に作用するだろう」とコメントしている。

                                                                                                                                              「人民網日本語版」2010年8月19日