甘粛省舟曲大規模土石流災害の死者1435人に
2010/08/23

 

    今月8日の甘粛省甘南チベット族自治州舟曲県の大規模土石流による死者は22日までに1435人、行方不明者は330人となった。現地の災害対策指揮本部が発表した。

    被災地の県都では学校の新学期が近づいているため、学校に避難している被災者の次の避難先の準備が県都から西に4キロ離れたところで進められている。敷地面積が約4・5ヘクタールで、400世帯1700人余りを受け入れる。これまでに避難先の水、電気、道路が完成し、整地も80%終っており、23日まですべて完成の予定。

    被災者の各世帯にテント3張りが支給される。2張りは居住用、1張りは炊事用という。

    また舟曲県人民政府は土石流の重点災害区の三眼峪と羅家峪の区域で犠牲者の遺体を掘り出すことを同日から厳禁とする公告を発表した。土石流に埋まった人が生存している可能性はなく、遺体は非常に腐乱し、掘り出せば伝染病が発生し、広がる危険があるとしている。

                                                                                                                                             (甘粛省舟曲8月22日発新華社)