温家宝首相,設置30年の深セン経済特区視察改革・開放を強調
2010/08/23

 

    今年は深セン(土+川)経済特区設置30周年で、温家宝共産党中央政治局常務委員・首相は20、21の両日、深センを視察し、広東省と深セン市の活動について報告を受けた。温首相は次のように強調した。経済特区の30年間の実践が十分証明しているように、改革・開放は現代中国の命運を決めるカギとなる選択であり、国の強大化と人民の幸福を実現するうえで通らなければならない道である。この30年余りの中国の発展、変化は改革・開放に依拠したもので、今後、中華民族の偉大な復興を実現するにもやはり改革・開放に依拠しなければならない。

    温首相は汪洋・党中央政治局委員・広東省党委書記の案内で企業、研究機関、港湾、コミュニティーを見学し、経済発展パターンの転換加速、戦略的新興産業の発展について調査研究を行った。

    20日夜、温首相は会議を主宰し、広東省と深セン市の活動について報告を受け、重要演説を行い、次のように述べた。

    ▽深セン経済特区は設置から30年、各事業が大きな成果を収め、天地が覆るような社会変化が起き、世界の工業化、都市化の発展史に奇跡をもたらした。深センは自らの姿を急速に変えただけでなく、全国の改革と発展に重要な貢献をした。深セン経済特区の発展、変化は改革・開放以来の中国社会の大きな変化の縮図であり、中国の特色ある社会主義の強大な生命力を生き生きと示すものである。

    ▽経済特区は今後も続けるだけでなく、より一層うまく運営しなければならない。新たなスタート点に立ち、新たな情勢に対応し、新たな目標に照準を合わせ、新たな優位性をつくり出し、新たな飛躍を実現しなければならない。

    ▽社会主義初級段階は長期にわたるため、われわれは確固として揺るぎなく改革・開放を推進することを求められている。わが国の近代化建設は世界が認める成果を収めたが、まだ社会主義初級段階にあり、それが今後も長く続くため、近代化の壮大な目標を実現するにはたゆまず奮闘する必要がある。改革・開放を深め、社会の発展と人の全面的成長に影響を与えるさまざまな体制的障害を排除し、生産力を最大限解放し、発展させ、国の近代化建設に尽きることのない力の源泉をもたらさなければならない。

    ▽社会主義制度の整備は非常に大きな困難を伴うため、われわれは確固として揺るぎなく改革・開放を推進することを求められている。わが国の社会主義の基本制度には非常に大きな優位性があるが、各方面の体制・仕組みがまだ十分ではない。絶えず思想を解放し、時と共に進み、全面的かつ永続的に改革を推進してはじめて、成熟し整った、中国の特色ある社会主義を築くことができる。経済体制改革だけでなく、政治体制改革も推進しなければならない。政治体制改革の保障がなければ、経済体制改革の成果は失われ、近代化建設の目標は実現できない。人民の民主的権利と合法的権益を保障しなければならない。人民を最も広範に動員、組織し、法に従って国と経済、社会、文化を管理しなければならない。権力が過度に集中し、制約を受けないという問題を制度面から解決し、条件を整えて人民が政府を批判、監督するようにし、汚職・腐敗を断固取り締まらなければならない。公平・正義の社会を築き、特に司法の公正を保障し、弱者層の保護と支援を重視し、人々が生活の中で安心感があり、国の発展に自信を持つようにしなければならない。

    ▽発展におけるさまざまな難問を解決するため、われわれは改革・開放を確固として揺るぎなく推進することを求められている。わが国は、一部資本主義国が200―300年かかった歴史的プロセスをわずか数十年で終え、先進国が工業化、都市化、市場化、国際化のプロセスでぶつかった矛盾と問題にわれわれもぶつかり、それはさらにより一層集中し、先鋭化したものになるだろう。発展の中でぶつかった矛盾と問題は改革の方法、発展の方法で解決しなければならない。

    ▽経済のグローバル化に対応し、国内、国際の二つの大局をより一層うまく統一的に計画するため、われわれは改革・開放を確固として揺るぎなく推進することを求められている。中国の数千年の発展の歴史が教えているように、開放・包容があってはじめて国は富強になることができ、国を閉ざしていれば、必ず立ち遅れ、たたかれる。対外開放の基本国策を確固として揺るぎなく実行し、国内外の二つの市場、二つの資源をより良く利用し、人類社会のあらゆる文明の成果を大胆に学び、参考にし、開放拡大の中でわが国の経済・社会の改革・発展を推進しなければならない。

    ▽われわれは新たな偉大な歴史的スタート点に立ち、より光栄ある、神聖な任務を負っている。改革・開放を永遠に銘記し、堅持してはじめて国に明るい前途がもたらされる。冷静に是非を判断し、信念を固め、自信を高めなければならない。思想を解放し、大胆に模索して、停滞、さらには後退させてはならない。停滞、後退は30年余りの改革・開放の成果と貴重な発展のチャンスを葬り去り、中国の特色ある社会主義事業の勢い盛んな生気を窒息させるだけでなく、人民の意思に背くもので、最終的に袋小路に陥るだけである。この国の前途と命運にかかわる大事において、われわれは少しも動揺があってはならない。

                                                                                                                                                      (深セン8月21日発新華社)