悪意の給料遅配を犯罪に指定中国の刑法改正案
2010/08/24

 

    労働者の労働報酬を得る権利を保護するため、23日の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会で初めて審議される刑法修正案(八)草案が「悪意の給料遅配」を犯罪に指定した。

    草案は次のように定めている。支払能力があるにもかかわらず、労働報酬を支払わなかった場合や、財産移転や潜伏などの方法によって労働報酬の支払を回避した場合で、情状が悪いときは、3年以下の有期懲役あるいは拘留に処し、罰金を科す。罰金だけの場合もある。重大な結果を招いた場合は、3年以上7年以下の有期懲役に処し、罰金を科す。

                                                                                                                                                       (北京8月23日発新華社)