フィリピン大統領が人質事件受け会見「警察側に落ち度」
2010/08/26

 

    フィリピンの首都マニラで23日に香港からの観光客らを乗せたバスが乗っ取られ、人質8人が殺害された事件を受け、フィリピンのベニグノ・アキノ3世大統領は25日、事件においてフィリピン警察側に落ち度があったことを認め、今後フィリピンと香港の関係を改善するべく措置をとっていくことを表明した。

    大統領は記者会見において、フィリピン安全部隊の訓練にかける投資を増やすことを承諾、「発生した全ての事柄に対して、徹底的な調査を行っていく」とした。

    大統領はまた、警察が現場で遅々として突入しなかったことについて、「メンドーサ容疑者は、人質を殺害しようとする兆候を全く見せていなかった」とした。一方で、特殊部隊の設備不足と訓練不足を認め、事件対応のやり方にも落ち度があったと認めた。「この惨劇で、フィリピン安全部門の人質事件対処における能力不足が浮き彫りになった。この惨劇の発生の裏には多くの原因があった。我々はこれを改善していく必要がある」。

    大統領はこのほか、「最も明らかな問題点の一つは、メディアが生放送を行っていたことだ。これにより犯人は、バスの中からでも簡単に警察側の動きを知ることができた」と批判した。

                                                                                                                                              「人民網日本語版」2010年8月25日