ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
李克強氏,春節前に貴州省視察 貧困対策を強調
2015/02/24

    中国の李克強共産党中央政治局常務委員・総理は春節(旧正月、今年は2月19日)を前に13日から15日まで貴州省を視察した。

    同省の趙克志党委書記、陳敏爾省長の案内で黔東南ミャオ族トン族自治州と省都・貴陽を訪れ、市場や村、経済区で地元の人々と話し合い、新春を迎えるあいさつを述べた。

    李氏は視察の中で次のように強調した。貧困救済は根本的に発展に依拠しなければならない。貧困地区の道路や水利などインフラ整備に対する資金投入を拡大し、医療衛生、環境保護など公共サービスの供給を増やす。農村貧困地区の生徒の重点大学進学率を高め、人材をより多く育成する。就学資金の貸し付けなど支援策を一層検討する。総合政策を定め、産業の中・西部への移転促進、新しいタイプの都市化推進、出稼ぎ農民(農民工)の帰郷就業・起業奨励を結びつけ、貧困地区の発展をけん引する。バラック住宅改造と都市部インフラ整備の需要は特に中・西部地区で大きく、支援を強化し、市場メカニズムを導入し、民生面の足りない点を補うことで安定成長を支える。優位性を生かし、情報技術、インターネットなどの新興産業を発展させ、新たな雇用を創出し、中・西部がより高いスタート地点から飛躍的発展を実現できるようにする。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷