ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
習近平主席の国連総会一般討論演説全文
2020/09/22

    北京22日発新華社電によると、中国の習近平国家主席が22日、第75期国連総会の一般討論で重要演説を行った。全文次の通り。

    議長

 同僚の皆さん

 今年は世界反ファシズム戦争勝利75周年で、また国連創設75周年である。昨日、国連は記念サミットを盛大に開催し、世界反ファシズム戦争の歴史的経験と教訓を銘記し、国連憲章の趣旨と原則に対する揺るぎない約束をあらためて表明し、重要な意義があった。

 議長

 人類は現在、新型コロナウイルス肺炎感染症と闘っている。ウイルスが世界をじゅうりんし、感染が絶えず繰り返されている。われわれは各国政府の努力、医療従事者の取り組み、科学関係者の模索、一般市民の堅い守りを目の当たりにした。各国人民は互いに見守り助け合い、人類の重大な災難を前にして勇気、決意、思いやりを示し、極めて暗い時を明るく照らした。感染症は最後には人類に打ち負かされる。勝利は必ず世界人民にある。

 ―感染症に直面し、われわれは人民至上、生命至上の理念を実践しなければならない。あらゆる資源を集め、科学的に予防治療し、的確な施策で、一人の感染者も漏らさず、一人の患者も置き去りにせず、感染症のまん延を断固抑え込まなければならない。

 ―感染症に直面し、われわれは団結を強め、同舟相救わなければならない。科学的精神を堅持し、世界保健機関(WHO)の鍵となる指導的役割を十分生かし、国際共同感染予防抑制を推進し、世界の感染症阻止戦に断固打ち勝ち、政治問題化や汚名を着せることに反対しなければならない。

 ―感染症に直面し、われわれは全面的で常態化の予防抑制措置を定めなければならない。ビジネス、市場、業務、学習の再開を秩序よく推進し、雇用を創出し、経済をけん引し、経済・社会の秩序と活力を回復しなければならない。主要経済体(エコノミー)はマクロ政策協調を強化し、自国経済の再起動だけでなく、世界経済の回復に貢献しなければならない。

 ―感染症に直面し、われわれは発展途上国、特にアフリカ諸国に関心を払い、配慮しなければならない。国際社会は債務返済猶予、援助などの面で迅速かつ力強い措置を取り、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の実行を確実にし、彼らの困難克服を支援しなければならない。

 75年前、中国は世界反ファシズム戦争の勝利に歴史的貢献をし、国連創設を支持した。今日、同様の責任感を堅持し、中国は国際感染症対策協力に積極的に身を投じ、世界の公衆衛生上の安全を守るため中国の力をささげている。われわれは引き続き各国と感染症対策の経験と診療技術を共有し、必要のある国を支持、支援し、世界の防疫物資供給チェーンの安定を確保し、またウイルスの発生源追跡と感染経路についてグローバルな科学研究に積極的に参加する。中国はすでに複数のワクチンが第3期臨床実験に入っている。研究開発し、使用に入った後、世界の公共財とし、発展途上国に優先的に提供する。中国は2年間に20億ドルの国際援助をする約束を実行し、農業、貧困削減、教育、女性・児童、気候変動などの分野の国際協力を深め、各国の経済・社会の回復・発展を後押しする。

 議長

 人類社会の発展史は、各種の挑戦〈試練〉と困難に絶えず打ち勝ってきた歴史にほかならない。新型コロナウイルス肺炎のパンデミック(世界的大流行)と百年に一度の世界的大変動が相互に影響し合っているが、平和と発展が時代のテーマであることに変わりはなく、各国人民の平和・発展と協力ウィンウィンの期待は一層強まっている。今回の新型コロナウイルス肺炎感染症が人類にとって最後の危機というわけでなく、われわれ手を携え、さらに多くの世界的試練に備えなければならない。

 第一、今回の感染症による啓示は、われわれは一つの互いにつながった、禍福を共にする地球村に暮らしているということである。各国が緊密につながり、人類は運命を共にしている。いかなる国も他国の困難から利益を得ることはできないし、他国の動揺の中から安定を得ることはできない。災難を他国に押し付け、対岸の火事と見物するなら、他国の脅威が早晩、自らの試練となるだろう。われわれは持ちつ持たれつの運命共同体の意識を持ち、狭い枠組みやゼロサムゲームの考えから抜け出し、大家庭と協力ウィンウィンの理念を確立し、イデオロギー論争をやめ、文明衝突の落とし穴を飛び越え、各国が自主的に選んだ発展の道と方式を互いに尊重し、世界の多様性を人類社会進歩の尽きない原動力とし、人類文明の多彩な自然な形態にしなければならない。

 第二、今回の感染症による啓示は、経済グローバル化は客観的現実で、歴史の潮流であるということである。経済グローバル化の大勢に直面し、ダチョウのように頭を砂に埋めて見て見ぬふりをしても、ドン・キホーテのように長いやりを振り回しても抑え込むことはできない。それは歴史の法則に反している。世界が互いに扉を閉じた孤立状態に戻ることはないし、さらには人為的に分断されることもない。われわれは経済グローバル化による挑戦を回避できない。貧富の格差、発展の格差など重大な問題に向き合わなければならない。われわれは政府と市場、公平と効率、成長と分配、技術と雇用の関係をうまく処理し、発展がバランスよく、また十分であるようにし、発展の成果がさまざまな国、階層、人々に公平に恩恵をもたらすようにしなければならない。われわれは開放・包摂の理念を堅持し、開放型世界経済を揺るぎなく構築し、世界貿易機関(WTO)を礎石とする多角的貿易体制を守り、旗幟(きし)鮮明に一国主義、保護主義に反対し、グローバル産業チェーン・供給チェーンの安定化、円滑化を維持しなければならない。

 第三、今回の感染症の啓示は、人類は自己革命で環境配慮型発展方式と生活様式の形成を急ぎ、エコ文明と美しい地球を築く必要があるということである。人類は大自然の一つまた一つの警告を無視し、得ることばかり考え、投入を考えない、発展ばかり考え、保護を考えない、利用ばかり考え、修復を考えない以前の道を歩み続けることはできない。気候変動「パリ協定」は世界の環境配慮型低炭素への転換の大方向を示した。これは地球の家を守るために必要な最低限の行動であり、各国は決定的一歩を踏み出さなければならない。中国は国としての自主的貢献度を高め、より強力な政策と措置を取り、二酸化炭素の排出について2030年までにピークに達することを目指し、2060年までに炭素中立〈カーボンニュートラル〉実現を目指して努力する。各国はイノベーション、協調、グリーン〈環境配慮〉、開放、享受の新たな発展理念を確立し、新たな科学技術革命と産業変革の歴史的チャンスを捉え、ポスト・コロナの世界経済の「グリーン回復」を図り、持続可能な発展の強大な力を結集しなければならない。

 第四、今回の感染症による啓示は、グローバル・ガバナンス体系の改革と整備が必要であるということである。感染症は各国の執政能力に対する試験であるだけでなく、グローバル・ガバナンス体系に対する検査でもある。われわれは多国間主義の道を歩み、国連を核心とする国際体系を守らなければならない。グローバル・ガバナンスは共同協議・建設・享受の原則を堅持し、各国の権利平等、機会平等、規則平等を推進し、グローバル・ガバナンスが変化した世界政治・経済に合致し、世界的試練に対応する現実的ニーズを満たし、平和・発展と協力ウィンウィンの歴史的すう勢に沿ったものにしなければならない。国家間の意見の相違は正常なことで、対話・協議を通じ、適切に解消すべきだ。国家間に競争があってよいが、前向きで好ましいものであるべきで、倫理面の最低線と国際規範を守らなければならない。大国はさらに大国としての姿勢が必要で、グローバル公共財をより多く提供し、大国の責任を果たし、大国の責任感を示さなければならない。

 議長

 今年に入って、14億中国人民は困難を恐れず、上から下まで心を一つにして、感染症の影響を全力で克服し、生産、生活秩序の回復を加速している。われわれには、予定通り小康〈ややゆとりのある〉社会を全面的に完成させ、予定通り現行基準で農村貧困人口のすべての貧困脱却を実施し、10年繰り上げて「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の貧困削減目標を実現する自信がある。

 中国は世界最大の発展途上国で、歩んでいるのは平和発展、開放発展、協力発展、共同発展の道である。われわれは永遠に覇を唱えず、拡張をやらず、勢力圏を求めず、いかなる国とも冷たい戦争も熱い戦争もするつもりはない。対話によって意見の相違を埋め、交渉によって紛争を解決することを堅持する。われわれは自国だけ良くなることを求めないないし、自国だけ勝とうとしていないし、扉を閉じて閉鎖することもない。国内大循環を主体とし、国内・国際ダブル循環が相互に促進する新たな発展の枠組みを徐々に形成し、中国経済発展のための余地を開き、世界経済の回復と成長に原動力をもたらす。

 中国は引き続き世界平和の建設者、グローバル発展の貢献者、国際秩序の擁護者であり続ける。国連の国際問題における核心の役割発揮を支持するため、私は次のように宣言する。

 中国は国連の新型コロナウイルス感染症グローバル人道支援計画に新たに5000万ドルを提供する。

 ―中国は5000万ドル規模の第3期中国・国連食糧農業機関(FAO)南南協力信託基金を設立する。

 ―中国・国連平和発展基金を2025年の期限後も5年延長する。

 ―中国は国連グローバル地理情報知識・イノベーションセンターと持続可能発展データ国際研究センターを設立し、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の実施に新たな力をもたらす。

 議長、同僚の皆さん

 歴史のバトンはすでにわれわれ世代の手にある。われわれは人民に恥じない、歴史に恥じない選択をしなければならない。われわれは団結し、平和、発展、公平、正義、民主、自由の全人類共通の価値を堅守し、新型国際関係の構築を推進し、人類運命共同体の構築を推進し、世界のより素晴らしい未来を共に築こう。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷