唐家セン国務委員、甘利日中友好議員連盟幹事長と会見
2006/07/29

 

 唐家セン国務委員は28日、中南海紫光閣で、日中友好議員連盟幹事長の甘利明自民党政調会長代理一行と会見した。

 唐国務委員は日中議連が長期にわたり中日友好協力に積極的に貢献していることを積極的に評価した後、中国政府と中国の指導者は一貫して戦略的見地と長期的視点から中日関係を扱い、とらえており、対日友好政策を堅持し、両国の平和共存、代々の友好、互恵協力、共同の発展に力を尽くしていると述べた。

 唐氏はさらに、次のように述べた。当面の情勢下で、双方は共に努力し、中日関係の発展に影響を与えている政治的障害を出来るかぎり早く取り除き、両国関係を正常な発展の軌道に戻すべきだ。日中議連が中日関係の改善と発展のために引き続き積極的な役割を果たすよう希望する。

 「中国外交部ホームページより」