天安門焼身自殺事件、法輪功容疑者に判決

  北京市第一中級人民法院は2001年8月17日、今年1月23日に天安門広場で焼身自殺事件を起こした5人の法輪功信者に対する裁判を行い、劉雲芳、王進東、薛紅軍、劉秀芹の3人に殺人罪でそれぞれ無期懲役と有期懲役の判決を言い渡した。劉葆栄は刑事処分を免れた。

  北京市人民検察院第一分院は「劉雲芳、王進東、劉秀芹、劉葆栄の4人は邪教組織を利用して殺人を行い、薛紅軍も邪教組織を利用して法律の執行を妨げた」とし、今年5月30日、北京第一中級人民法院に公訴していた。法院は劉雲芳らが天安門広場での法輪功信者の焼身自殺を組織的に計画?扇動し、信者2人が死亡、3人が重症を負ったとして審理を進めてきた。