「法輪功」の修練が死を招いた実例


  中国合肥市電信局を定年退職した趙其玉さんの妻、施梅芳さんは長年高血圧に悩まされていたが、1996年から「法輪功」を修練し始めた。その後、治療や薬を拒絶するようになり、その結果症状が悪化し、同年4月25日に死亡した。

  趙其玉さんは7月23日、「法輪功」が取り締りを受けたというニュースを知ると、妻の遺影を手にして痛々しく語った。「聞いてくれ、「法輪功」の撒き散らした迷信活動は妻を死に至らせたんだ。わたしは「法輪功」を取り締まるという党と政府の決定を断固擁護する