トップページ > 総領事館ニュース
格別な趣きをもつ烏鎮
2021/10/01

この江南の小さな町には

格別な趣きがある

 

縦横に走る河川・水路の中にあり

深く眠りながら蘇っていて

悠久の歴史により重厚さが与えられ

過ぎゆく時が新たな力を与えている

一筋の煙、遠くの山、幾つかの雲影

一筋の水路、一本の橋、舟の櫓の音

烏鎮をそぞろ歩くと

江南水郷の「橋と川と家」という優美な風景を

心ゆくまで眺めることができる

作家の木心は烏鎮出身で

江南は緑

石段も緑

いつも雨上りのよう

という詩句を残している

実際には水郷は晴れの日も多いが

人の心に深く刻み込まれているのは

霧雨に煙る江南なのだ

 

灰色レンガに黒瓦

まだらの戸板に格子窓

狭い路地の向こうでは

おばあさんが水辺で洗濯をし

お母さんが水閣の傍らで米を研ぐ

すり減って光る石板の表面は

いつも雨上りか水を撒いたかのよう

一人ひとりの心の中に

それぞれの烏鎮がある

 

それはまるで水墨画のように

濃厚な詩情をにじませている

灰色レンガに黒瓦の路地には

まごう事なき生活の情緒がある

しかし何といっても

烏鎮といえば

江南の水を避けて通れない

 

なぜなら江南の水は

水郷の魂であり

烏鎮の独特の美を潤しているからだ

水際に街を造り、水際に市を設ける

水郷地帯には、舟と橋が密集する

 

烏鎮は「中国最後の水を枕とする家」と呼ばれ

江南六大古鎮の一つとされる

ここには川が縦横に流れ

十字に走る運河が街を

東柵、西柵、南柵、北柵と分けている

かつて烏鎮では

「烏鎮北柵には日が差し込まない」と言われていた

一説には北柵の運河の両岸が水閣で、一日中日光が遮られていることを指すという

 

これこそ

烏鎮の民家の独特さである

 

建物の一部が川の上まで伸び、底部には木の杭あるいは石柱が河床に打ち込まれている

上に横梁がかけられ、枠板が張られる

これを「水閣」といい、

古風で優雅な感じがする

写真=黄宗治

 

水郷住民の生活や交通

商売や貿易もすべて水に頼っている

 

水閣には三面に窓があり、風景を眺めることができ

生活用水を川からくみ上げることもできる

軒を接して並ぶ水閣は

ここの水運の発達と深く関係し

水閣の下の石柱に舟を繋ぐこともできる

写真=黄宗治

 

縦横無尽の水上交通網が

烏鎮を宋代以降発達させ

次第に江南の重要貿易都市となっていった

京杭古運河も烏鎮西柵の端から古鎮を貫いて流れる

 

西柵の白蓮塔寺古塔に立って眺めると

古運河の両岸は広々としているが

時代の変遷を感じさせる

この隋代に開かれた人工運河は

今日でも水運の役割を担っている

 

まれに貨物を満載した船が通り過ぎるのを見かける

この古い運河の千年前の賑わいを

いまだかすかに感じさせる風景だ

木の影が水面に映り

運河が波立つ

 

縦横無尽の運河がここで交わり

霧にかすむ独特な絵巻を描き出す

水郷の人々の生活と交通を支え

さらには江南水郷と中原とを繋げ

北と南の人々を古運河によって緊密に結び付けた

烏鎮

垢抜けた良い名前

幾度見ても飽きることのない街

過去と未来を併せ持つ場所

 

現在の人々は烏鎮というと

江南や水郷というだけでなく

インターネットについても言及するに違いない

 

ここは古くて美しいだけでなく

現代的で時代の最先端をゆくのだ

世界インターネット大会が烏鎮で開かれ

「インターネット」の光は

千年変わらない江南の水のように

この街の遺伝子にすでに組み込まれつつある

 

千年前に

中華の大地は「水のネットワーク」で

中原と江南とが緊密に結び付いた

今では

夢幻的な「インターネット」が中国と世界とを結び付け

烏鎮で新しい時代の伝説が生まれる

現在の烏鎮は

水墨画の烏鎮で

京杭古運河の水上輸送路で

更には「世界インターネット大会」の永久開催地でもある

ここでは

江南水郷の美を感じ

千年前の運河文化が残した繁栄を感じ取れ

更には人類がデジタル文明へと向かう兆しを伺い知ることができる

「烏鎮の光」スーパーコンピューティングセンター

5G全域自動運転

ハイエンドチップ

高性能コンピューター

衛星インターネット応用

工業インターネットおよびスマート製造

……

 

2021年世界インターネット大会の期間中

世界のインターネット分野における

新技術、新製品、新応用、新成果が次々と発表された

衣食住と交通、生活必需品

インターネット技術もまた、すでに人々の生活に深く溶け込んでいる

 

インターネット病院は病院の垣根を打ち破り

オンライン診療はもはや珍しいことではなくなっている

 

「フードデリバリー・オンライン」デジタル化フードデリバリー管理は

みんなを「陽光キッチン」のオンライン現場監督に変える

 

特色あるホテルから普通の住宅まで

スマートデバイスが家々に浸透し

「賢い」住まいはますます人の意を汲むようになっている

 

ナビゲーションシステムでは

車道の3D実景復元により

「没入式」ナビゲーション体験を実現している

「デジタル技術はまさに新理念・新業態・新モデルにより

全面的に人類の経済・政治・文化・社会・エコ文明建設の

各分野と全過程に溶け込んでいて

人類の生産や生活に広く深い影響を与えている」

 

最も伝統的な水郷生活

最も先進的なスマート科学技術が

ここで衝突・融合し

神秘的な化学反応を引き起こしている

 

堆積した時間エネルギーから「未来の光」の探究まで

この千年の古鎮は情報化時代の最先端に立っている

江南の水には情緒があり

よそ者を惹き付けてやまない

江南の水には趣きがあり

よそ者を離れ難くする

この江南の水は

今まで多くの乱れた心を慰めてきた

そしてこの烏鎮のインターネットの光は

現在再び多くの偉大な夢が託されている

この江南の水郷は本当に特別だ

私は行ったことがあるが

本当に美しく、再訪に値すると思う

写真=何玲玲

 

千回見ても飽きることがない

特別な愛をあなたに特別に捧げます!

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org