トップページ > 友好交流
張玉萍代理総領事,大阪府日中友好協会会長一行と意見交換
2020/12/11

 12月10日、張玉萍代理総領事は大阪府日中友好協会の梶本徳彦会長、青柳明雄理事長、松本卓美事務局長と会見し、感染症の広がりが常態化する中、民間友好団体がどのように力を発揮し、中日民間交流を推進すべきかについて意見交換を行いました。

 双方は感染症対策の徹底を前提とする、新時代における中日関係の改善発展に大きく役立つ新たな民間交流の方法を積極的に追求、実践していくことで意見を一致させました。そして、双方は今後、オンライン座談会、中国映画の鑑賞、総領事館職員により録画製作された動画、総領事館機関紙および中国関連の雑誌刊行物の配布を通して、内容豊富な交流活動を展開し、中国の感染症対策や経済、社会、文化の各方面における現状を重点的に紹介することで、大阪府日中友好協会の会員の方々に、実際に対面せずとも、中国の国内状況や総領事館の行う各種イベントについてよく知ってもらい、これにより大阪府の人々の中国に対する認識や理解を引き続き増進し、交流を断絶させることなく、友好を揺るぎないものとし、理解をより一層深めていくことを決定しました。張代理総領事は、今後もこれまでと変わらず、友好協会の行う様々な活動に協力していくと表明しました。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org