トップページ > 中国ニュース
習近平氏,グテレス国連事務総長と電話会談
2021/05/07

北京6日発新華社電によると、中国の習近平国家主席は同日夜、国連のグテレス事務総長と電話会談を行った。

習氏は次のように指摘した。この数年、国連は少なくない複雑な局面を経験したが、多国間主義もそれによってますます多くの支持を得た。多国間主義は国連と切り離せず、国際法と切り離せず、各国の協力とも切り離せない。世界は真の多国間主義を必要としている。各国は国連憲章の趣旨と原則に従って物事を行うべきで、一国主義、覇権主義をやってはならないし、多国間主義を名目に小さなグループをつくるべきでないし、イデオロギーの対抗をやるべきではない。中国は引き続き国連とグテレス総長の取り組みを支持し、真の多国間主義を守る。

習氏は次のように強調した。現在、国際社会の最も重要な任務は依然として新型コロナウイルス対策である。世界は協力を強化し、政治をもてあそぶべきではない。大国は手本を示し、より多くの公共財を提供すべきだ。中国は80余りの発展途上国にワクチンを援助し、50余りの国にワクチンを輸出した。中国は国連の平和維持活動と国際オリンピック委員会へのワクチン提供を決定し、また引き続き「COVAX」を積極的に支持し、「免疫デバイド〈格差〉」をなくすため絶えず努力する。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org